2006年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006'09.22 (Fri)

【2006夏クール】 最終感想 不信のとき

Σ(-∀-;)はい!?!?!?!?

誰の言っていることが真実なのか・・・
最終回こそハッキリするのが普通なのでは・・・


どうなってんじゃ!!


タイトル通り、不信のまま終わったのかもしれないけど
ウーマン・ウォーズがメインなドラマだったのかもしれないけど
このドラマばっかりは、そんなことに忠実では困るってば


・・・要するに、

女同士の対決
正妻と愛人の対決

だけが重要だったわけなのかい?

昔の愛人(高岡早紀)の子供のことまで引っ張り出しておきながら
結局のところは、旦那と義雄どっちの子なのか判らず仕舞い。
更には法子の本当の父親と匂わせる客が最後に現れ
姑は「無精子症なんてことはあり得ないと思うんだけどねぇ・・・」とか言うし
一体全体どうなってんじゃーーー!!!!!

何ひとつ解決してないんですけど!?


最後の最後、杉田かおるの語り。

「真実は藪の中・・・」



キーーーーーッヾ(*`Д´*)ノ"彡☆


まるでこれからスタートするかのような展開がラストってどうよ!?
高岡早紀のところは別にいいとして
マチ子の子供の本当の父親は誰!?
道子の子供の本当の父親は誰!?
そこんとこハッキリしてくれなくちゃダメじゃん!?

つーか、私のように不完全燃焼ですっきりできなくするのが目的?(笑)

愛人が・・・妻が・・・とか言い合ってるところで終わりだった方が
「最初と同じ台詞か・・・」程度の気持ちで完結できたかも。
もちろん最後の怪しげな人達は全て削除でね(笑)


サブタイトルが【真相 あなたは誰を信じますか・・・】

よし。

それぞれの発言は全て嘘。
誰もかれも信じられません(笑) ←怪しげな演技は全員素晴らしい

ってことで、勝手に完結させちまえ


1日1回ポチっとしてくれると嬉しいです
  ↓ ↓ ↓  ↓ ↓ ↓ 
 

スポンサーサイト
22:45  |  TVドラマ  |  EDIT  |  Top↑

2006'09.21 (Thu)

【2006夏クール】 最終感想 NO.2

【金10】 ○→○→△ 『タイヨウのうた』
      なんだかなぁ・・・部分的にはおもしろかったところもあったんだけど
      総合的な感想になると正直△ってとこかな。
      沢尻エリカが『1リットルの涙』に続く難病役だったけど
      演じてる役柄がまるで別人だった分、新鮮な気持ちでは観ていられた。
      でもなぁ・・・ラストに亡くなるのは別として
      最大の夢だったデビューを超目前にして、ってのはちょっとなぁ・・・
      ステージの下だよ!?ありゃないよな~
      ちょっとガックリきちゃった
      結果的にはCD発売準備が整っていたけど
      やっぱり薫が生きてる間に夢を叶えられた方が良かったわ。


【土9】  ◎→◎→ 『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』 
      これはもう、文句なしにおもしろかった!
      長瀬の変顔はもちろんのこと
      学生時代って、沢山の大切なことを学べる時期だったな~って
      暖かい気持ちになれたし、とても懐かしかった気がします
      A組にとって真喜男の存在は大きかっただろうけど
      それを受け止めてくれたクラスメイトや鉄仮面あっての結果。
      桜小路の苗字を最後の最後に言ってくれて良かった。
      だけど面と向かっての時は「桜なんとか」だったけどね(笑)
      ああいうさり気ないシーンが大好きです。
      ラストでは、まさか大学まで裏口入学!?って思ったけど
      そうではなくて、またも高校をやり直すところが実に真喜男らしいかも。
      

【月9】  ◎→○→△ 『サプリ』 
      ラスト真剣に観てなかったかも(笑)
      ハッピーエンドなキス連発シーンで私の中の最終回は終わってた。
      最後の待ち合わせシーンは、いまいち記憶に残っていないかも。
      このドラマは・・・総合的な感想は△です。
      脇役や亀ちゃんを堪能するには最高だったけど
      やっぱり、どうしても、主役の彼女がいけません・・・
      嫌いなわけではないんだけど、伊東美咲という人の演技に
      初めて違和感を覚えてしまった作品になったのは事実。
      主役を務める女優にしては物足りないってとこかしらねぇ。
      表情がないよね彼女。 ←言いたい放題
      個人的には、主役の2人がくっつくところをラストにするのではなく
      第三者の邪魔者いらないから、さっさとくっついて
      早めに恋人同士にしちゃう設定の方が良かったと思う。
      周囲も恋人同士ばかりの設定でさ
      それぞれが恋愛をサプリにしながら
      生き生きと仕事を頑張ってるみたいな
      そういうドラマが観たかったかも・・・と思うんだよね。
      ラブラブバカップルっぷりを演じさせた方が
      エルメスは映えるんじゃないかと思うわけですよ。
      とにかく、主役に感情移入できないとドラマは楽しめなーい
      

1日1回ポチっとしてくれると嬉しいです
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
 

20:04  |  TVドラマ  |  EDIT  |  Top↑

2006'09.12 (Tue)

【2006夏クール】 最終感想 NO.1

終わってしまったドラマや、残すところ2話もあるドラマなど
さまざまな夏クールですけども、結果的なリタイヤ作品はこれらです。


【水9】  『PS-羅生門-警視庁東都署』
      ○→◎→ 結構好きだったのに自然消滅

【水10】 『CAとお呼びっ!』
      △→×→ これっぽっちの情も湧かず忘却

【木10】 『花嫁は厄年ッ!』
      ○→○→ 気持ちが高まらないまま別離

【木9】  『下北サンデーズ』
      ○→◎→ 好きだったけど追いつけず断念


ちなみに

【金9】  『レガッタ』 
      ○→○→ 駆け足で追い込み成就するも不完全燃焼

ボートの部分だけは観たくて早送り再生ばかり(笑)
恋愛部分が多すぎて、かなり期待はずれとなった感じです。


で、制覇している中の最終回を迎えた作品はこれ。

【日9】  『誰よりもママを愛す』
      ○→◎→

家族ドラマは結構好きで自然と楽しみにしていましたが
蘭さまの母親っぷりと、サダヲさんのおかまっぷりを楽しみにしてた!
というのが正直な感想でしょうか
玉鉄ちゃんが途中で髭を剃ってくれてちょっぴり安心したり(笑)


サプリ
ダンドリ。
結婚できない男
不信のとき
タイヨウのうた
マイ☆ボス マイ☆ヒーロー

これらは最終回まで観ます!
楽しめていないのは月9・・・
 

1日1回ポチっとしてくれると嬉しいです
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
 

21:40  |  TVドラマ  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。