2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006'12.22 (Fri)

【2006秋クール】 最終感想

途中経過の感想を書く暇もなく
ほとんどのドラマが最終回を迎えてしまいました。
1月スタートの冬クールをチェックする前に
ひとまず終わったドラマたちの感想など書いてみます。

月9と火9以外全部だから長いよー(笑)


1日1回ポチっとしてくれると嬉しいです

 


【火7】  ◎→○『太閤記~天下を獲った男・秀吉』
      初回の方の感想を書いてなかったけど、楽しみに毎週観てました。
      『功名が辻』と同時進行だった分、
      同じ役者さんが違う配役をしてたりで変な感じもしたけど、
      作品が変わってるのに同じ役ってことはあり得ないしね(笑)
      大河では石田三成なのに、こっちでは豊臣秀吉。
      どんな感じになるか心配だったけど、しっかり秀吉でした。
      役者さんってホントすごいわ~
      このドラマは、村上弘明演じる織田信長が目当てだったんだけど
      予想通りかっこよかった!それだけで満足です
      だけど展開が早くて、あっという間に終わったから物足りなさは残ったかな。

【火10】 ○→◎→『僕の歩く道』
      初めて最初から最後までリアルタイムに観た僕シリーズです。
      親になった今となっては、やっぱり親目線で考えさせられたけど
      自然な感じに暖かさが伝わってくるドラマだったな~
      香里奈ちゃんが結構好きだから、余計に観やすかったのかも。
      都古の夫、河原にはかなり突っ込みどころ満載だったけど
      剛はもちろん、脇を固める役者さん達も最高でした!
      「お湯の温度は39度」とか「コーヒーのお砂糖はスプーン1杯です」とか
      お決まりの台詞を聞くのが楽しみでした(笑)
      親元を離れて自立し、「僕にだって予定がある」なんて帰省を断ちゃうテル。
      たくさんの可能性を秘めた未来を思わせるラストがとても良かったです。
      ちなみに、妹のりなを演じてた本仮屋ユイカちゃん。
      なんて読むんだ!?ってドラマが始まる前に思ってたけど
      彼女がとっても可愛くてお気に入りになっちゃった
      過去作品を見ると、金八やセカチュー(ドラマ)は観てないからわからんけど
      『白い影スペシャル』とか『さとうきび畑の唄』に出ていたらしい・・・
      全くもって記憶に残っておりません
            
【水10】 ◎→○→△『14才の母』
      大体予想がつく結末になるんだろうと思いながら観ておりました。
      死を思わせるような展開も色々あったけど
      ただでさえ重いテーマのドラマでそこまでしないでしょ。
      ある意味、ドラマだから・・・と、冷静に観れたかも。
      でもドラマ好きな私の個人的な意見を言えば
      やっぱりある程度共感できるような内容だったり
      夢を見させてくれるような内容のドラマの方が好きです。
      中学2年生が妊娠して出産するまでの物語よりも
      確実に大変に決まってるだろう、その後の波乱万丈な生活。
      それをメインで物語ってくれたなら、
      もう少し気持ちも高まったんじゃないかな。
      てゆーか、それじゃリアルすぎ?(笑)

【木9】  △→△→△『だめんず・うぉ~か~』
      なんだかんだで全話観ちゃった(笑)
      特別おもしろいわけでもなく
      特別惹きつけられるわけでもないのに
      なんだかついつい観てしまっていたドラマです。<コラ
      ダメ男たちが頻繁に登場するドラマだっただけに
      普段かっこいい役を演じてたりする俳優さんたちが
      見事に野暮ったい男を演じてるところは笑えたかな?
      山田優はやっぱり苦手な感じだけど
      藤原紀香はやっぱり結構好きだな~
      ドラマとは関係ないけど、割と嫌いじゃない陣内との婚約。
      いや~めでたいめでたい(笑)

【木10】 △→×『Dr.コトー診療所2006』
      視聴率が、やっぱり断トツで今期トップだったので
      何度も観てみようかな?って思ったりしながらも
      結局一度も観ずに終わりました
      苦手な俳優が主演っていうのは、やっぱ無理っす

      ○→○→○『嫌われ松子の一生』
      もうね、どんどん堕ちていく松子から目が離せなかった。
      ラストはなんだか一気に話が展開しちゃったけど
      結局のところ、松子の周りにいた人達は
      誰も松子を嫌ったりしていなかったわけよ。
      最初の頃に、なすび演じるご近所さんが
      「嫌われてた」って言ったってくらいじゃん?
      だから、嫌われ松子っていう事にはならないんだろうけど
      とにかく壮絶な人生を歩んで、非業の死を遂げたのは言うまでもない。
      「私ってどうしていつもこうなんだろう・・・」
      「ついてないなぁ・・・」なんて台詞をよく耳にしたけど
      まさしく、ついてない事だらけだったわね~
      でも、その道を選んだのは松子で
      彼女的には後悔なんてしてなかったんだから
      ある意味、幸せな人生を生きた女性なんじゃないかと思います。
      このドラマも暗く重い展開だらけなのに
      エンドロールで流れるNG集が、気持ちを軽くしてくれて良かった。
      北村さん演じる赤木の変化もある意味凄かったよ?
      ソープのマネージャーやってたかと思えば
      地元に戻っていきなり漁師やってるし(親孝行の為だけど)
      最後には何がどうなったのか、いきなり教会の神父だし!
      それでも好きだからいいんだけどね(笑)    

【金9】  △→○→○『家族~妻の不在・夫の存在~』
      竹野内パパすごく良かったよ~
      悠斗を演じてた子役も最高だったよ~
      渡さんは・・・なんだかとっても脇役でした(苦笑)
      後半は離婚調停だのなんだので暗かったりしたけど
      家事や子育てに悪戦苦闘する亮平パパの姿が
      あまりにリアルですごく楽しめたドラマだったな。
      竹野内豊は、クールな役よりこういう方が好き。
      意地を張っていた里美(石田ゆり子)も最後には
      好きな気持ちを無理して消さずにすんで良かったよ。
      「前よりずっと好き」ってさ、あんな旦那になればそうだろうよ!
      てゆーか、元々好きだからこそ離れたんだろうし。
      劇団ひとり、最近でずっぱりだよね。
      結構好きだったりします(笑)

【金10】 ○→△→△『セーラー服と機関銃』 
      これね、観ても観なくても・・・っていう初回感想だったと思うのよ。
      でね、実際ずっと観てなかったわけ。
      だけど最後はやっぱり気になってしまうっていうか(笑)
      途中飛ばして最終回だけ観ましたよ。
      いっぱい人が死んでいた・・・そして最後も死んでいった
      これってこういう話だったんだぁ。。。って感想です(笑)
      長澤まさみの歌う♪セーラー服と機関銃が
      あまりにも違和感なく聞けて不思議でした。

【金11】 △→×→△『アンナさんのおまめ』 
      早々にリタイヤしたはずだったのに(笑)
      どんな感じになったのかな?って途中から気になってね。
      だけどやっぱり、これといっておもしろくもなくて・・・
      はじけてくれてるベッキーには見慣れたから
      なんだか久しぶりに観たらリリに見えてたり(笑)
      これは漫画で読む方がおもしろいっす。

【土9】  ◎→多分◎→『たったひとつの恋』
      評価マーク↑これなんだよ!!
      って自分に突っ込みいれてみたり(爆)
      中盤はなかなかいい感じに展開してたと思ったけど
      後半に入ってからは前半のような空虚感が・・・
      単に自分が歳くったせいだけではないと思えてきてね。<往生際が悪い?
      だってさ、どんなに若い子たちのドラマでも
      心ときめくものはときめくし、共感したりワクワクしたりするんだよ。
      だけど今回のコレは、いくらカツンから亀ちゃんと聖が出演してても
      おもしろくないもんはおもしろくないわけっすよ。
      言葉が綺麗だな~とか、この撮り方いいな~とかあったけど
      かろうじて期待していた綾瀬はるかの演技もどうなのあれ・・・
      今までの作品では結構うまいな~って思ってたのに
      ちょっと今回は正直がっかりしました。
      一昔前の常盤貴子を思わせるような演技。
      つーか、脚本が問題か・・・期待しすぎていたせいもあるかな。
      役者の演技もさることながら、脚本はやはり重要だと実感しました。
      作られた人物を演じなくちゃならない役者さんが大変だわ~
      良かった良かった!と思い切れないラストに超不満
      ま、亀ちゃんは可愛かったけどね(笑)

【日9】  △→×→×『鉄板少女アカネ!!』 
とうとう最終回すら観ずに完全リタイヤでした(笑)



残すところ2作品となりました。

【月9】  ◎→◎『のだめカンタービレ』 
【火9】  ◎→△『役者魂!』 


月9は久々にヒットだね!
ドラマ化が決まってキャストが発表された頃は
原作を知ってるだけに、どんな風になるのか超不安だったけど
今となっては、とっても楽しめて待ち遠しいドラマ
それぞれの役者さんが原作のイメージに近いし
原作にかなり忠実な内容展開には脱帽です。
毎回毎回笑わせてもらってます(笑)

ラストもきっと知ってる内容だけど
この月9キャストで、どう演じてくれるのか楽しみぃ
 
『役者魂!』の方は、感動で終わるのか笑いで終わるのかだけど
予想では、どちらも盛り込まれた最終回になると思うかな。
前回を録画予約ミスで観れなかったので
最終回前の盛り上がりに欠けるのが残念なところ・・・
前半いまいちだな~と思ったドラマなのに
なんだかリタイヤできずに観続けておりました(笑)


てゆーか、書きすぎて疲れた

年末年始は特番のオンパレード。
ひとつの番組を観るのに相当な時間がかかるんだよね~
厳選して観るもの選ばなくっちゃ!

関連記事
23:46  |  TVドラマ  |  EDIT  |  Top↑

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。