2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010'08.13 (Fri)

餃子作りと学童クッキング

100724-01.jpg 100724-02_20100814013239.jpg


夏休みに入ってすぐの頃、久しぶりに餃子作りを手伝ってもらった。
マピは普段から、頻繁にお手伝いをしたがっているけど
時間的余裕がないため、彼女が満足する内容になるのはごく稀。
学校が休みなら、多少夜更かししても朝寝坊OKだし思い切って。
以前は自由な餃子作りをやらせてきたけど、今回は少々注文を。

私の作り方をお手本に、できる限り近く作ること。

ちんちくりんに丸めたり、細長く丸めたり、やたらと薄っぺらいのは禁止。
具材と皮を同時になくせて無駄にならないように。
食べ物を工作扱いできるほど、我が家の財布はゆるくないのでね。

マピは職人タイプなので、そういった面では比較的安心。
問題はナオだ・・・。
ただでさえ、お手伝い気分になることが減少してきている小3男子。
今回の餃子作りも、初めは大分腰が重かった様子。
「こういうの下手くそだから~」
前もって言い訳を用意しつつ、作業を始めたようだ。

「う~ん、これは多かったかな?」
「こういうの苦手なんだよね。」
「あれ?今度は少ない?ま~いっか!」


黙々と丁寧な作業を続ける妹の横で、口数多めに楽しむ小3男子。
上手に仕上がった時のべた褒めさえ忘れなければ、
ぐんぐんと鼻が伸び、楽しく作業を終えることができる。
ちなみに負けず嫌いな妹は、作品を手の平に乗せ無言のアピール。
ここでも勿論、べた褒めを忘れてはならない。

手伝いになってるんだかなんなんだか・・・。
餃子作り大会だとか、コンテストだとか、勘違いしていないか?
お手伝いの報酬と思えば、べた褒めくらいさせて頂きますが。



100724-03.jpg060810-1.jpg 100724-04.jpg060810-2.jpg

以前の画像が残っていたので、現在と比較がてら貼り付けてみた。

仕上がった餃子の形から、成長は一目瞭然。
マピに関しては、手の平に乗せての作業ができるまでに。
4年の成長って素晴らしい(笑)



100804mapi.jpg

いきなり何?見たまんま、ゼリーの空容器だけどもね。

8月初めに、『みんなでランチッチ』という催しが学童であって、
当然のようにマピだけが張り切って参加したわけで。
メニューは冷やしラーメンとゼリー。
なので、ゼリーの容器が持ち物の中にあったものの
手作りおやつなどを滅多に作らない我が家の食器棚には
ゼリーやプリンがぷるるんっと飾れるような、素敵食器などない。
100均で買おうかどうか迷ったが、一度限りの出番だけに必要ない。
ただでさえ、エコだ何だと学校でも散々教えてるじゃないか。
家にある物で結構です、とよく目にするじゃないか。
もちろん、こういうの持ってくる子が大半だと思うよ!

自信をもって持たせたのに、こういうの、マピ一人だけだったって・・・。

「みんなね、ガラスの入れ物だったよ。」

ご、ご、ご、ごめんっ!!!!!
それはそれは恥ずかしい思いをしたことだろうに・・・

「べっつに~なんとも思ってないけど?」

そ、そお・・・なの?
果たしてその台詞、ほんとーだろうか・・・。


関連記事
23:33  |  コドモ日常  |  EDIT  |  Top↑

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。