2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011'02.28 (Mon)

学習発表会に遡る

091114mapi1.jpg 091114mapi2.jpg 091114nao2.jpg

学習発表会は11月にあるのだが、記事にしていなかったので遡ってみる。
とは言っても、2010年はビデオ撮影に集中した為に写真はない。
ということは、今回載せる写真はいつのものだ?
3ヶ月前に遡るより更に1年遡り、2009年の発表会のものだ。
遡るにも程があるし、記憶がどれほど残っているかも心配だな・・・(苦笑)。


マピは1年生。
劇の発表はなく、歌と太鼓を披露してくれた。衣装は写真の通り。
大人用を修正する作業が課せられたのを覚えている。
練習日前日に持ち帰り、家で着せて登校させる日々だった。
寒い季節で上着を着て隠れるものの、着丈が長いので、
青ハッピがはみ出してる子は1年生だとすぐに判断がつく。


ナオは2年生。
歌と劇の発表だったが、タイトルは忘れてしまった・・・。
なんだったか、【11匹のネコ】とかそんな風な・・・。
要するに殆どの生徒がネコ役、しっぽ縫い付け作業が課せられた。
写真の通りになんとか完成。
サイズアウトの上着についてたファーを切り取り、
なんともリアルなネコしっぽになって満足だったのを覚えている。



091129-05.jpg 091129-09.jpg

豊年太鼓と龍神太鼓。マピは後者担当だった。
3人1組で順に披露してくれたが、1年生とは思えないかっこ良さだった。
マピはとても丁寧に、先生の指導通りバチを操作していたようだった。
他の子供たちを見てみると、右画像の時なんかには、
殆どの子はバチを真っ直ぐにせず、逆ハの字状態が多かった。
初めての学習発表会、かっこ良く演奏するマピを見て鳥肌が立った。
予想していた以上に素晴らしかった。とにかく最高だった。

小樽から来てくれたばぁちゃん達も、帰り道に絶賛していた。
親バカ、そしてばばバカ炸裂(笑)。
見応えたっぷりだったと盛り上がっていたのを覚えている。



091129-15.jpg 091129-24.jpg

ナオ達2年生は、1年生の時も劇で長く感じた記憶があるが、
この時の劇も残念ながら、それはそれは長く感じてしまった。
学年全員でひとつの劇をする為、自分の子の登場シーンは僅かだ。
物語がおもしろいとか、演じる子供たちに迫力があるとか、
なにか惹きつけられる魅力がないとなかなか楽しみにくいものだ。

それでも我が子が登場すれば、ワクワクドキドキしながら期待一杯。
ところがナオ兄さん、遠くまで届きにくい声質をしている。
尚且つ緊張しまくるので、早口になってしまう傾向にある。
残念ながら、そういうところは私に似てしまったらしい(笑)。
そこらへんは仕方あるまい。
私も目立つことが嫌いで、劇なんていうものは大嫌いだったものだ。
でも似ていない部分も持ち合わせていて、まるでやる気のかけらもない、
めんどくせ~オーラを発してくれるところがナオらしい。
1年生の時は、そりゃあもう、ため息しかでてこない程に、
適当すぎる振り付けを見せ付けられた記憶がある。

その時と比べると、この時のナオは少々違っていたようだ。
めんどくせ~オーラは変わらず発しているものの、
全員揃って披露する振り付けの際には、きちんと動いていたのだ!
周囲の男子の方が、こんな踊りしたくね~よ的な動きをしていた。
それを見た時、演じようと努力しているナオの姿に感動した。
ナオがちゃんと動いてる!と。 ←当たり前の事だけど(笑)。



こうした発表会から1年後、ついこの前の兄妹といえば・・・

マピ2年生。
歌と劇。小学校に入って初めての劇だった。
村の子供たちの一人だったマピの衣装は甚平、台詞は一言二言。
彼女も私に似て緊張するタイプ。
できれば台詞は言いたくない派だ。
とてもぶっきらぼうに、担当台詞を発していた記憶がある。

でも彼女は親に似ず、ばぁちゃんに似た素晴らしい声の持ち主なのだ。
遠くまでよく通る声、それはそれは羨ましい程に。
そんな声を持っているだけに、目立ちたがり屋の父に似ていれば、
緊張せずに演じられる女優になっていたことだろう。
だが残念ながら、目立ちたくない控えめな性質は私に似てしまった・・・。


そんな似なくていいところは、兄妹揃って仲良く共通している(笑)。


ナオ3年生。
3年目も変わらず歌と劇。確か【オズの魔法使い】が演目だった。
ここの学年は、3年間どれも女子好みな内容だ。
男子にとっては、どの役につくかで気分が大きく左右される。

ナオは【カラス】役に立候補していた。
理由は、黒い衣装と台詞がなく歌と踊りで終わるから。
予定人数は3クラスで6人だったか8人だったか。
ナオのクラスで立候補したのは2人だけ。
問題なく希望通りの役になれると期待していたのだが、
期待も空しく【猿】の役に決まった。もう一人の友達は【かかし】だ。
【かかし】は台詞が多いが、【猿】は殆ど台詞がない。
台詞というより鳴き声しか発しなかったような気がする(笑)。

3年経っても尚、めんどくせ~オーラは健在だった。

もうここまでくると、そんなナオに尊敬すら覚える気分だ。



2011年の学習発表会はどうなることだろう?
まだまだ先の話。
成長した姿を楽しみに待つとしよう。


関連記事
23:56  |  学校  |  EDIT  |  Top↑

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。