2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011'03.14 (Mon)

愚痴なんて言ってられない

日々飛び込んでくる、想像をを絶する映像に言葉もありません。
地震も恐ろしいけど、津波の恐ろしさを目の当たりにした今回の巨大地震。
私が過去に経験した震度は5だったかな・・・
あの時の奥尻島への津波も相当なものだと思っていたのに・・・。
三陸沖の震源地から、こちら札幌まで震動が届いたんだと知り驚愕。
職場のPCで東北地方の震度を知り、更に驚愕。
被害の状況が明らかになっていく程、言葉を失ってしまいます。


職場は1Fだというのに、結構な揺れが長い時間続きました。

時間を確認すると、金曜なので娘は既に学童にいる頃。
息子は一人で自宅にいるなーと思い電話をかけた。
初め電話がつながらず、「なんで!?」と思ったものの、数分後につながった。
特に物が落ちることもなく、息子もなんとか冷静でした。
その後も2度程揺れたので、帰宅後聞くと、さすがに怖かった様子。
翌日は兄妹二人で留守番をしてもらいました。


東京にいる父は、仕事を終えて5時間歩いて帰ったらしい。
店のお客様の実家が福島県でとても心配していました。
今日住所を確認し、被害状況を調べたら、殆ど被害のない町でした。
青森にいる友人は、日曜の朝まで停電していたけど家族全員無事でした。
苫小牧にいる友人も、津波の被害なく無事だったようです。
実家の母たちがいる小樽は震度2だったようで、
震度4だった札幌に比べると、かなり冷静だったので拍子抜け。
小樽は地盤が強いらしく、札幌の方が色々と危険だそうで・・・。

周囲の無事に安心しながらも、頭の中で悪いことばかり考えちゃう。


被災された方々へ私ができることといえば、、、
僅かながらの義援金や、僅かながらの節電くらい・・・。


だけど被害のない地域に住む私たちが、落ち込んでいる訳にはいかない。
こんな時だからこそ、元気な者は元気な者らしく、
元気に働き、元気に暮らし、いつも通りにすることが大切よね!
日本が元気でいるために、微力ながらも、できることをしなくちゃね!


子供たちは、TVで一緒に映像を観てはいるけど、
まだまだ実感することも難しい年頃のようです。仕方あるまい。
ご飯が食べられる、暖かい部屋がある、布団で眠れる。
そういう当たり前の日常に感謝しよう、という事を教えています。
好き嫌いしたり、潰れたTV番組に愚痴っている場合じゃないのよ。
学校へ通い、勉強を頑張り、友達を作り、助け合ったり遊んだり。
それがあなたたちの仕事なんだからね。


私もいつも通り、兄妹の記録をブログに残していくつもりです。


被災で亡くなられた方々には、心よりご冥福をお祈り致します。


関連記事
23:32  |  ワタシ雑談  |  EDIT  |  Top↑

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。